NIKKEI プラス1倶楽部
小物ひとつでイメージチェンジ 季節を楽しむファッション術 小物ひとつでイメージチェンジ 季節を楽しむファッション術

おしゃれ小物

つば広タイプの帽子で大人のエレガントを演出

アウターの出番が減り、ブラウスやTシャツだけで外出する機会が増える季節。「ちょっと手抜きじゃない?」と思わせないために、活躍するのが帽子です。今回は、ファッションジャーナリストの宮田理江さんが、大人の女性にフィットする帽子選びを伝授してくれました。「帽子はおしゃれ上級者っぽくて苦手」と思っている方、そんなことはありません。手軽な帽子に、ぜひ挑戦してみてはいかがですか。

イチオシは、つば広タイプの「女優帽」
大人の女性は帽子でスタイルも表情も美しく!

つば広タイプで大人のエレガントを演出

※記事の最後には、素敵な読者プレゼントのお知らせがあります。

帽子はたくさんの種類があり、ファッションアイテムの中でも主張が強いものの一つ。視線を自然と上に引き寄せるため、スタイルアップにも効果抜群です。また、帽子で立体感を出すことで顔の表情もきれいに見せてくれます。

暑い日も増えてくるこの時期、ジーンズ×白シャツだけだと手抜きファッションに見えがちですが、さりげなく帽子をかぶれば、グンとおしゃれ感が増すこと間違いなし。「難しそう」と敬遠している人も多いかもしれませんが、ご心配なく。まずは、大人の女性が日常で使いやすく、かぶるだけで、こなれ感が出る帽子をご紹介しましょう。

1)女優帽

大人の女性に一番のおすすめは、「女優帽」と呼ばれるつば広タイプです。ブリム(つば)が幅広く、シルエットが柔らかいのが特徴で、まさにハリウッド女優がリゾート地でかぶっているようなクラシカルなイメージ。カジュアルな服装に合わせるだけで、エレガントで落ち着いた雰囲気を印象付けやすいのが長所です。

このタイプは、長いつばのおかげで小顔効果も抜群。少し顔が隠れることでミステリアスなムードを演出することもできるので、少し雰囲気を変えたい時に使うのも良いでしょう。

夏場に向けては、この変形のストローハット(麦わら帽子)をよく見かけますが、"ザ・麦わら帽"というものだと子どもっぽくなりがちなので、上質のラフィア素材*で編んだ大人っぽいモデルを選ぶのがポイントです。
*ラフィア椰子の葉を加工した柔らかい素材

1)女優帽

2)中折れ帽

クラウン(頭頂部)の中央がへこんだ形が特徴で、ソフト帽とも呼ばれます。形としてはマニッシュなイメージですが、クラウンの周りにリボンが巻かれていることが多く、エレガントな印象にも見せてくれます。

デニムやカジュアルなスカートなど、意外とオールマイティに合わせやすいのがこのタイプ。てっぺんがへこんでいない、平らな形のカンカン帽タイプは、夏場におすすめです。かさばって見えにくいため、「頭のボリュームが気になる」という人にも試しやすいタイプです。

2)中折れ帽

3)ハンチング、キャスケット

丸っこい形に短いひさしがついたハンチングやキャスケットも、誰にでも似合いやすくバランスが取りやすいため、トライしやすい帽子です。ベレー帽だと、子どもっぽくなって躊躇してしまうという人は、ハンチングやキャスケットを前後逆にかぶるとこなれ感が出ます。

また、中折れ帽やハンチング、キャスケットはオールシーズンで使いやすい帽子なので、夏場に向けても一つは持っておきたいアイテム。暑い時期は、熱がこもりにくい白系を選ぶと、爽やかなイメージになります。ラフィアやパナマ草など、エアリーで軽やかな素材感がこれからの季節にはぴったりです。

3)ハンチング、キャスケット

かぶる目的を決め、服装に合わせるのがポイント!

帽子を選ぶときは、「かぶる目的」をはっきり決めてから購入すると失敗が少なくなります。「顔を小さく見せたい」、「大人っぽいイメージにしたい」というように、具体的なイメージを持つことがポイントです。

また、買った帽子を実際にかぶる段階になって、「何だかイメージが違う」と感じたことがある人も多いはず。購入するときは、帽子を合わせる予定の服装でショップに行きましょう。

夏場に向けて、いろいろな帽子が出てくるこの季節。初心者の人は、まずはトレンド感のあるお手頃価格のアイテムから試してみて、自分に合う形を極めていくのもいいでしょう。

自分らしい、帽子のおしゃれに挑戦してみてくださいね。
次回のテーマは、こなれ感がアップする「サングラス」選びです。

宮田理江(みやた・りえ)

宮田理江(みやた・りえ)

ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。

多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。

毎日が楽しくなるプレゼント実施中

「NIKKEIプラス1倶楽部」読者のみなさまへ、暮らしに役立つ、生活を楽しくしてくれる素敵な商品を抽選でプレゼントいたします。この機会にぜひご応募ください!

FEATURE COLUMN

最新おすすめ記事