NIKKEI プラス1倶楽部

夜のウチご飯。

ビストロ飯

クリームチーズのタルティーヌ

ディップと一緒に具材を載せて楽しむフランス式オープンサンドの“タルティーヌ”。今回はカルシウムが豊富なクリームチーズをメインに、健康に良いとされる食材を合わせたタルティーヌのレシピをご紹介します。

クリームチーズのタルティーヌ

クリームチーズのタルティーヌ

◆ 材料/2人分

クリームチーズのディップ

クリームチーズ100g タマネギ10g(みじん切りで大さじ1杯) アンチョビペースト5g(アンチョビフィレの場合 1~2枚) マスタード10g ディル3本程度(葉の部分のみ使用)

お好みのパンまたはクラッカー(写真はカンパーニュ)

お好みのフルーツ(写真はブルーベリー)

お好みのハーブ(写真はディップの分量外のディルを使用)

クリームチーズのディップ作り

  1. 1. クリームチーズを室温に戻しておく。

  2. 2. タマネギはみじん切りに。ディルは茎を取り、葉の部分だけをみじん切りに。アンチョビフィレを使う場合はみじん切りに。

    2. タマネギはみじん切りに。ディルは茎を取り、葉の部分だけをみじん切りに。アンチョビフィレを使う場合はみじん切りに。
  3. 3. ディップ用の材料をすべてボウルに入れて、全体が均等になじむまでゴムベラで混ぜる(→Point1)

    3. ディップ用の材料をすべてボウルに入れて、全体が均等になじむまでゴムベラで混ぜる(→Point1)。

シェフのひとこと

シェフのひとこと

クリームチーズを倍にするなど、多い分量で作る場合には、すべてをフードプロセッサーにかけてもOKです。タマネギやアンチョビフィレをカットする手間が省けますよ。アンチョビのうまみとほのかな塩辛さは、料理全体の味を引き立てるので、少量でもぜひ入れてください。扱いやすいチューブタイプのアンチョビペーストは輸入食材店などで手に入ります。ちなみにアンチョビは、コレステロールや中性脂肪を減少するとされるDHAやEPAが含まれる食材だそうですよ。

パンやクラッカーにディップを塗って盛り付ける

  1. 1. パンを使う場合(→Point2)はお好きなサイズにカット。

  2. 2. 完成したクリームチーズのディップをたっぷりめ(→Point3)に塗る

    2. 完成したクリームチーズのディップをたっぷりめ(→Point3)に塗る。
  3. 3. ブルーベリーなどのフルーツや、分量外のディルなどのハーブ(→Point4)を散らして完成。ディルは茎を残すとかわいい盛り付けになります。

    3. ブルーベリーなどのフルーツや、分量外のディルなどのハーブ(→Point4)を散らして完成。ディルは茎を残すとかわいい盛り付けになります。

シェフのひとこと

シェフのひとこと

今回は、初夏に旬を迎え、目に良い食材として人気があるブルーベリーを使いましたが、イチゴなどもお薦めです。また、生のフルーツでなくても、クリームチーズのディップにマーマレードなどのフルーツジャムを合わせるのはいかがでしょう? きれいな彩りのタルティーヌが簡単にできますよ。

ビストロレシピのチェックPoint

  1. Point1.ボウルにくっ付いた材料を集めながら混ぜられるゴムベラがベター。

  2. Point2.カンパーニュやバゲットなどハードタイプのパンと相性が良い。

  3. Point3.チーズを楽しむメニューなので、クリームチーズのディップはあえてたっぷりと。

  4. Point4.季節のフルーツやジャム、ハーブを添えて彩りを豊かに!

カンパーニュ
山田武志(やまだ・たけし)

山田武志(やまだ・たけし)

グランメゾンを経て、有名ワインバーやワインショップ&ダイナー「FUJIMARU浅草橋店」のシェフを歴任。2017年に独立し、浅草・観音裏に座席数わずか8席というマイクロビストロ「Pétanque(ペタンク)」をオープンすると、雑誌の浅草特集では必ず紹介される名店に。おいしい料理をリーズナブルな価格で提供するのはもちろん、明るい店主の人柄もお店の魅力の一つ。
公式HP(Facebook) https://www.facebook.com/petanqueasakusa/

毎日が楽しくなるプレゼント実施中

「NIKKEIプラス1倶楽部」読者のみなさまへ、暮らしに役立つ、生活を楽しくしてくれる素敵な商品を抽選でプレゼントいたします。この機会にぜひご応募ください!

FEATURE COLUMN

最新おすすめ記事